肥後すっぽんもろみ酢 健康補助食品臨床試験報告

臨床試験の結果が出ています。

26名の男女に8週間、「肥後すっぽんもろみ酢」を1日1粒摂取

8週間後、体重、体脂肪率、BMI値を測定
二重盲検試験の結果、体重およびBMIにおいて試験品摂取群が対照品摂取群に
比べて有意な差をもって減少した。(それぞれp=0.00016、p=0.00012)
このことから、健常な成人男女が試験品を毎日摂取することにより、痩身効果が
期待できるものと考えられる。

BMIというのは、

身長の二乗に対する体重の比で体格を表す指数

体重kg/(身長m)2

BMIが25以上だと肥満とされています。

臨床実験においては、これが、0.00004減ったということですね。

ごくごく微々たる数値ですが、減少しているという事実により、

健常な成人男女が試験品を毎日摂取することにより、痩身効果が期待できるものと考えられる。

という結果が出ました。

二重盲検試験というのは、治検者が対象となる薬などを飲んでいることを知らせずに検証するという方法。
この場合は、同じ粒でありながら、成分が入ったものと、入らなかったものを飲んでもらったということですね。

ただし、これは、誰でも「肥後すっぽんもろみ酢」を飲めば必ず痩せるという効能を保証するものではありません。

肥後すっぽんもろみ酢の有効なアミノ酸を摂取することにより
脂肪燃焼を促すということ。
脂肪を燃焼するためには、身体を動かすことが必要です。

アミノ酸が不足すると太りやすくなる